EZ-USB開発環境設定メモ

ストロベリーリナックスのEZ-USB FX2は、FX2(CY7C68013)からFX2LP(CY7C68013A)に変更され現在も販売されています。松原さんのわかるマイコン電子工作USB機器の製作ではFX2版(CY3681用)開発環境で解説されていますが、Windows(x64)に対応していないため現在はFX2LP版(CY3684用)が推奨されています。FX2LP版の開発環境の設定方法をメモしておきます。

開発環境一式(cy3684kit_RC8)は下記から入手できます。
http://www.cypress.com/file/135301

インストール手順(Akamai NetSession Interface を使わない場合)

  • ポップアップをキャンセルし、'download the file without using the download manager'をクリックします。
  • インストールするとツール一式が展開されますが「GPIF Designer」がセットアップされるだけなので、後で「Keil」のセットアップを実行する必要があります。
  • 「CyControl」は実行ファイル(CyControl.exe)が既に展開されているのでショートカットを作っておくと良いでしょう。
  • デバイスドライバーはOSに合うものをフォルダー指定でインストールします。
インストールディレクトリ(デフォルトの場合)
C:\Cypress

keilインストーラーディレクトリ
C:\Cypress\USB\CY3684_EZ-USB_FX2LP_DVK\1.1\uV2_4k\setup

CyControl(USB Control Center) ディレクトリ
C:\Cypress\USB\CY3684_EZ-USB_FX2LP_DVK\1.1\Windows Applications\Application Source files\c_sharp\controlcenter\bin\Release

デバイスドライバー
C:\Cypress\USB\CY3684_EZ-USB_FX2LP_DVK\1.1\Drivers

EEPROMの消去の仕方

FX2版と同じですが「CyControl」は以前の「EZ-USB Control Panel」とはルックアンドフィールがかなり違います。

  • EEPROMをはずしUSBケーブルを接続します。
  • 「CyControl」を開き'Cypress FX2LP NO EEPROM Device'と表示されているのを確認してEEPROMを接続します。
  • 「CyControl」から、Vend_Ax.hexをRAMにロードします。メニューバーの Program->FX2->RAM。
C:\Cypress\USB\CY3684_EZ-USB_FX2LP_DVK\1.1\Firmware\Vend_ax\Vend_Ax.hex
  • ノードの Configuration1->Control endpoint(0x00)を選択して、Data Transfers タブを開き以下のように設定ます。


項目 設定値
Data to send(Hex) FF
Direction Out
Req type Vendor
Target Device
Req code※ 0xA9
wValue 0x0000
wIndex 0x0000

※搭載されているEEPROMが小容量(256バイト以下、1バイトアドレス)の場合は0xA2を設定してください。

  • Transfer Data ボタンを押します。

Vend_axについては、「EZ-USB(R) Development Kit User Guide.pdf」のP.75を参照してください。

C:\Cypress\USB\CY3684_EZ-USB_FX2LP_DVK\1.1\Documentation\EZ-USB(R) Development Kit User Guide.pdf

格安の同等品Lcsoft Mini Board(Amazon)を見つけたので買いました。

USBキーボードの製作へ戻る

関連リンク

http://www.cqpub.co.jp/INTERFACE/toku/200101/if01_toku1.htm
http://optimize.ath.cx/FX2_USB/
http://optimize.ath.cx/cusb_fx2/index.html
http://sigrok.org/wiki/Lcsoft_Mini_Board
http://hirasaka001.blogspot.jp/2015/03/ez-usb-fx2lp.html


お名前: コメント:

トップ メニュー

This web page is described in Japanese, but you can read in English by translation site.

  • リンクに許可は不要です。
  • コメント欄は改行せず一行で入れてください。
  • スパム判定ではじかれた場合は、その後に「書込みました」旨のみのコメント等何らかの書き込み成功していただけると早く対応できます。
  • 非日本語対応ブラウザからは書き込みできません。