DSK形式のディスクイメージからファイルを取り出す方法メモ

.dskって何?

ネットからCP/M用のファイルを探してきて解凍してみると、

こんなふうになっていて中身を見られないものがありますよね。
diskdefの設定が分かればCpmtoolsGUIが使えそうですが、いろいろやってみているのですがうまくいきません。このイメージ(拡張子の無いファイルと、.dskの拡張子が付いた1088kBのファイルのセット)は何向けのディスクイメージなのでしょうか、調べてみました。どうやら、altairz80というシミュレータ向けのイメージのようです。

altairz80は、The Computer History Simulation Project というコンピュータ史上重要と思われる古いミニコンやマイコンのシミュレータを作ろうというプロジェクトのSIMHというmulti-system simulatorをaltair仕様にインプリメントしたもので、CP/Mを動かすことができます。(PC, Mac, LINUX, Zaurus版があります)

拡張子の無いファイルはシミュレータのバッチファイルで、起動時の設定(CPUの選択、メモリ設定、ディスクのマウントなど)が記述されています。

ファイルの取出し方

シミュレータ上に、ファイルを入出力するツール(R.COMとW.COM)が用意されているのでこれを利用します。

例)Windows環境で、modula2.dskというイメージファイルから、ML.COMを取り出す。

  • altairz80.zipをダウンロード解凍します。
  • 解凍先に、modula2とmodula2.dskを置きます。
  • altairz80.exeを実行します。シミュレータが起動したら、DOコマンドを実行します。
sim> do modula2

CP/Mが起動し、Bドライブにmodula2.dskのイメージがマウントされます。

  • Bドライブへ移動し、Wコマンドを実行します。
A>B:
B>DIR
B>W ML.COM B

ML.COMがシミュレータの実行ディレクトリに作成されます。(Bはバイナリーモードの意味)
ワイルドカード指定が可能で、まとめて取り出すこともできる。


実行結果画面

もっと良い方法を知っている人はコメント下さい。

関連リンク

http://www.schorn.ch/index.html
http://simh.trailing-edge.com/
エミュレーション、そしてコンピューティングの歴史
http://roguelife.org/~fujita/COOKIES/SIMH/
CP/KM web の紹介
当サイト内
AVRとZ80でCP/M
CP/Mディスクイメージ作成手順メモ
CpmtoolsGUI


お名前: コメント:

トップ メニュー

This web page is described in Japanese, but you can read in English by translation site.

  • リンクに許可は不要です。
  • コメント欄は改行せず一行で入れてください。
  • スパム判定ではじかれた場合は、その後に「書込みました」旨のみのコメント等何らかの書き込み成功していただけると早く対応できます。
  • 非日本語対応ブラウザからは書き込みできません。