2716用ROMライターの製作

AVRとZ80でCP/Mの改良で製作したAKI-80版CP/Mマシンの応用例です。

拡大

UV-EPROMは消去がめんどくさい

フラッシュメモリの登場により、紫外線消去型のPROMは今はほとんど使われていません。しかしZ80などの古いCPUを動かすとなると使うことになります。もう生産されていませんが、ヤフオク等で入手することは可能です。

拡大

AVRとZ80でCP/Mでは、AVRマイコンを使うことでこのROMを不要にすることができました。なので今更なんですが、手持ちに6個ほど2716が。あるとやっぱり書き込んでみたいじゃないですか。

回路設計

ネットを検索してみると、古いCPUでマイコンを製作されている方々(稀少)のブログ等を見ると準備として真っ先にROMライターと消去器を購入されているようです。しかし2716以降のPROMは書込手順はシンプルで、書込み器を作るのはさほど難しくはありません。ただ書込みソフトはPCと通信するプログラムを書く必要があり、少し難しくなります。しかし、CP/Mマシンから直接書き込むのであればソフトは簡単になります。

8ビットCPU時代の古い本のROMライターの製作例のほとんどが8255を使用してポートから書き込んでいます。AVRとZ80でCP/Mの冒頭の写真で紹介している「トランジスタ技術1980年11月号」にはちょっと変わった書き込み方が紹介されています。ポートを使わずROMをメモリ空間上に配置し、書込電圧の印加とWAITを掛ける回路を付加して、普通のRAMと見做して書き込むのです。但しちょっと工夫が必要で、メモリに対しては一発ではWAITが掛からないので連続して2回書き込みます。残念ながらフルRAMのCP/Mマシンでは、64kB以上アクセスできるCPUにしないとこの方法は取れません。

結局ポートを使うことになりますが、AKI-80はPIOが1個載っているだけなので、ピンが足りません。そこでROMのアドレスピンのみPIO(A,B)に割り当て、データピンはそのまま入出力ポート(IOCS)と見做してデータバスに接続することで解決しています。(但し電源を入れたままROMの抜き差しはできなくなります)
回路図
少しの変更で、2732や2764にも対応できそうです。

書込みソフトウェア

ソフトウェアのダウンロード(AKI-80[TMPZ84C015]専用 CP/Mアプリケーション)(302)

CP/MにはDDTという強力なツールがあり、これと連携することで書込みソフトはシンプルなもので済みます。書込みソフトは、消去チェック後メモリの2000番地から27FF番地の内容を書き込むだけのものです。予めDDTで書き込むデータやプログラムをメモリへ配置しておきます。IコマンドとRコマンドを使います。CP/Mコマンド概要メモ参照。

例)CGROM57.HEXというファイルをRAMの2000番地以降に配置する。

ICGROM57.HEX
R2000

DDT実行画面

書込みソフト実行画面

6個とも全部書込み成功しました。

ソース(ROM2716.MAC)のアセンブル、リンク方法を紹介します。MACRO-80を使います。

M80 ROM2716,ROM2716=ROM2716/Z
L80 ROM2716,ROM2716/N/E

実行画面

ビデオターミナル(AVRビデオ端末の製作)があるので、このようにPC無しで全て行うことができます。

拡大

製作は自己責任でお願いします。

関連リンク

汎用HEXファイル変換ツール
http://elm-chan.org/fsw.html
当サイト内
CP/Mコマンド概要メモ
AVRとZ80でCP/M
AVRとZ80でCP/Mの改良
AVRビデオ端末の製作


お名前: コメント:

トップ メニュー

This web page is described in Japanese, but you can read in English by translation site.

  • リンクに許可は不要です。
  • コメント欄は改行せず一行で入れてください。
  • スパム判定ではじかれた場合は、その後に「書込みました」旨のみのコメント等何らかの書き込み成功していただけると早く対応できます。
  • 非日本語対応ブラウザからは書き込みできません。