AVRとZ80でTK-80

TK-80互換マイコンを作る

拡大
AVRとZ80でCP/M ではCP/M専用のマイコンボードとして作成しましたが、よく考えてみると面倒なUV-ROM不要のオールRAM汎用Z80マイコンボードではないかと。そこで野望が。7セグLEDと16進キーを追加し、モニタプログラムをEEPROMに書き込めばすぐ出来そうな。

回路設計

AVRとZ80でCP/Mをベースに、実際に追加した回路は次の5つです。

  1. 8桁7セグLEDダイナミック点灯表示回路
  2. 8255キーマトリクス入力回路
  3. リセット回路
  4. ステップ回路
  5. I/Oリクエストの分離回路

1.実機がDMA方式なのでAVR側で処理します。今回はLEDドライバにMOS-FETを使いました。

2.実機と同じにするためZ80側のプログラムでスキャンします。

3.4.TK-80互換マイコンといえば中日電工さんということで、ND80Z靴硫麩をそのまま使わせていただきました。

5.今回はI/Oが仮想(AVR)と実物(8255)があるため、実デバイスに対してはウェイトが掛からないようにIOアドレスA7で切り分けました。

もちろんCP/Mのシステムディスクを挿して起動すれば即CP/Mマシンになります。CP/M上でアセンブル、メモリへロードしてTKモニタに切り替えて実行なんてこともできます。

回路図:AVR周辺 表示部 CPU周辺 キーボード他

製作

拡大
裏面

回路図を起こしているときはシンプルにできたと思っていたけど実際作ってみると大変。一ヶ月ぐらいかかってしまいました。今回はMega64Aを使いほとんどの部品を表面実装部品で仕上げました。ちょっと誰でも作れるようなものではなくなってしまいました。

アーカイブの内容

著作権侵害になるといけないのでアーカイブにはモニタプログラムは含まれていません。
でもご安心を。ちょっと頑張れば同等なモニタプログラムを作れます。TK-80資料メモ をご覧下さい。アーカイブにはファームのほかにシリアルポート経由でプログラムをロード・セーブできるWindowsアプリケーションTKLSと、そのためのモニタ改造のソースを入れておきました。動作チェック用のサンプルも入っています。さらに、RAMの内容をSDカードへ保存・読出するツールのソースも入れておきました。

ソフトウェアのダウンロード(994)

製作は自己責任でお願いします。

TK-80資料メモ

動画をUPしました

nicozonへ飛びます。ページが表示されたらちょっと下へスクロールして下さい。
今更ながらTK-80の互換機を作ってみた
今更ながらTK-80の互換機を作ってみた【解説編】

関連リンク

http://ja.wikipedia.org/wiki/TK-80
http://www.st.rim.or.jp/~nkomatsu/evakit/TK80.html
http://www.sakaki.jp/info/tk80/tk80.htm
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/s-oga/tk80/
http://www4.airnet.ne.jp/mit/Musium/NEC/TK-80.html
TK-80の回路図(いつの間にかマニュアルがまるごとUPされてる。大丈夫なのかな)
http://www.oct.zaq.ne.jp/i-garage/hiroimono/tk80.htm
中日電工
http://tyunitidenko.x0.com/index.htm
マイコンPCB [PCB-ATMEGA128](ATmega64/128対応)
http://www.aitendo.com/product/2837
その他AVR関連の記事
AVRとZ80でCP/M
AVR学習リモコンの製作
AVRパラレルライターの製作
Mega64でLED GAME


  • http://spritesmods.com/?art=avrcpm AVRでZ80をエミュしてもいいかなと - uda (2011年11月06日 11時06分24秒)
  • そう思われるならuda様がご自身でそのように製作され、HP等で発表されればよろしいかと。AVRとZ80でCP/M を読んでいただくと実物に拘っている理由をお解りいただけるかと思います。私は手っ取り早く確実なものを手に入れたかったのでこのような方法をとりました。結果部品点数が多くなり製作難易度の高いものになってしまいました。なので部品数を極力減らしたエミュレータ版も再検討中だったりします。 - 管理人 (2011年11月07日 13時03分08秒)
お名前: コメント:

トップ メニュー

This web page is described in Japanese, but you can read in English by translation site.

  • リンクに許可は不要です。
  • コメント欄は改行せず一行で入れてください。
  • スパム判定ではじかれた場合は、その後に「書込みました」旨のみのコメント等何らかの書き込み成功していただけると早く対応できます。
  • 非日本語対応ブラウザからは書き込みできません。